KDDIの魅力

株式投資

通信大手であるKDDI
業界2位とはいえ、投資対象としては非常に魅力的ですので、今回はその魅力に迫ります。

スポンサーリンク

株主優待品の種類が豊富

1単元(100株)で、保有期間が5年未満の場合は3000円相当の商品がもらえます。
その種類は非常に多く、94種類です(47都道府県にて2点ずつ)
その一部を以下に紹介します。

KDDI株主優待3000円相当 2020年度版

こんなに多くの種類があると正直迷ってしまいますね。

ちなみに、米だと2〜3kg、アイスだと80mlサイズ9個、ラーメンは12食、カレールーは5食程度の量になります。一人暮らしであれば1〜2ヶ月程度で食べきれる量になります。
毎年の株主優待が非常に楽しみになってきますね。

スポンサーリンク

長期保有すると、優待金額が上昇!

5年以上保有すると、
100株〜999株 3000円分→5000円分
1000株以上 5000円分→10000円分に優待金額が上昇します。
1万円分となると、米は10kg、アイスなら110mlサイズ17個、カレールーは16食となります。ここまでいけば家族で食べ切ることになりそうです。
では、長期保有すると株主優待面ではメリットがありますが他はどうでしょう?

スポンサーリンク

KDDIはなんと18年連続増配銘柄!

KDDIは2002年3月に3円の配当金額から、現在は115円にまで18年連続で増配しています。コロナ下であっても増配を決定していますので、今年で19年連続増配となりますので、持ち続けていれば配当利回りが上昇していく素晴らしい銘柄です。
株主優待も豪華になり、配当利回りも上昇していく、長期保有にはうってつけの銘柄であることがわかります。

スポンサーリンク

懸念材料は政府の方針

現在の菅内閣では、通信料金の値下げを求めています。
通信料金の値下げをすると、利益がその分減少することもあり、連続増配はストップしてしまうかもしれません。
携帯電話各社は上手いことわかりにくい料金設定にして誤魔化していますが、いずれ通信料金を根本的に下げるということになれば株価は下がり、配当金額も減少してしまうという可能性は十分にあります。ここがKDDIの唯一の心配な材料です。

スポンサーリンク

はまぶは購入するか?

非常に迷っています。というのも、最低投資金額が30万前後というのが大きいです。
12月のボーナス40万円分を投資に回すとはいえ、KDDIだけで30万円分飛んでしまうのはちょっとなぁ・・・と感じています。本当はJTも買い増ししたいところではあるので。
また、他にも気になる株がごまんとあります(JR東日本、ブリヂストン、太陽化学、三井住友フィナンシャルグループなど)
そういった株をやめて、KDDIにするのか。とりあえずボーナスは12月上旬に入るので、入ったときに決めようかと思います。その際は報告します。

参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
株式投資
はまぶをフォローする
20代から始めるはまぶの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました