今年の冬のボーナス何に投資する?

株式投資
スポンサーリンク

ボーナス40万を投資に

12月に40万円ほどボーナスが入りました。
このボーナスを投資に回そうと思いますが、購入したい株を現在悩み中です。
どの株を購入するか、候補株を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

関西電力

関西電力は東京電力に次ぐ第二位の電力会社になります。電力事業だけでなく、ガス、情報通信、不動産も展開しています。

関西電力
株価942.3
PBR0.53
EPS120.15
配当金50
配当利回り5.31
自己資本比率21.03

関西電力の各指標は上表に載せました。注目すべきなのは配当利回りが5.3%と高くPBRが0.53と非常に割安である点です。さらに、一株当たりの利益であるEPSは配当金額を余裕で超えています。EPSの40%が配当金額ということで余裕のある配当還元率です。
値上がりが期待できる上に、配当も安定してもらえる見込みです。電力事業という安定性もあり、赤字になる可能性は非常に低いです。

気になるのは現在裁判中の案件があることです。前社長らが金品受領をしていたという問題ですね。現在19億円の損害賠償を求められています。この裁判は企業のイメージダウンにつながっており、現在の低い株価になっているのだと思われます。ニュースで見ましたが、電気料金を上げて、社員の給料を下げたにも関わらず役員報酬は上げるということを過去にしていたようです。この企業風土は見直さないと破綻していくでしょう。
もう一つは原発に頼っている点です。ただし、私としては原発事業はCO2削減に貢献すると思っているのでそこまで悪者にする必要はないと思っています。さらに言えば、今後EVへシフトしていくことによって電力消費量はさらに上昇していきます。
そう考えると、太陽光発電や風力発電などでは電力は賄いきれないと思われ、コストも高いことからメインの発電としては心許ないというのが本音です。火力発電ではCO2排出が多いという問題があります。ということで、やはり最終的には原発事業に頼ることになるのではないかと思っています。

そう考えた時に、関西電力は今後も伸びていくのではないかと考えます。
単純に、現在割安で配当利回りが高いというのが大きな購入理由です。

スポンサーリンク

三井住友フィナンシャルグループ

知る人ぞ知る超メガバンクです。
三井財閥を支えており、日本も支えているといっても過言ではない会社です。

三井住友FG
株価3101
PBR0.4
EPS341.87
配当金190
配当利回り6.15
自己資本比率4.88

この会社もPBRが低く、配当利回りが高いです。配当利回りに関してはなんと6.15%!
現在のコロナ禍、そして超低金利時代においてもしっかりと利益を出しているのはさすがですね。
金利が上昇してくれば利益率はさらに上昇すると考えられるので、株価上昇と配当金額上昇の二点が期待できます。しかも、配当金額190円に対してEPSは341円と余裕があります。

今後も大活躍して、日本を支えて欲しい会社の一つです。こういった指標以外の部分でも私にとっての購入のモチベーションになります。
企業の株式を購入するということはその会社の出資者かつ保有者になるということです。今後の未来を購入するといってもいいでしょう(大袈裟かもしれませんが)
今後成長する分野(SDGs関連)にバンバン投資して日本をさらに飛躍させて欲しいものですね。

スポンサーリンク

JT

これは以前の記事にて紹介した会社なので詳細は省きます。
しっかりと利益を出している会社であり、配当利回りが依然7.1%という変態企業です。
私が購入した時の1970円からはかなり値上がりしていますが、まだまだ値上がりは期待できます。値上がりしなかったとしても配当利回り7%あれば十分長期投資に向いていると思います。
懸念材料としてはEPS167円に対して配当金額が154円とギリギリであること。
配当金額は当分の間現状維持となりそうです。

とりあえず、私のボーナス40万円の使い道は上の3つの中から決める予定です。
購入したらまた報告させていただきます。

参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
株式投資
はまぶをフォローする
20代から始めるはまぶの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました