知っておきたい、SDGs

投資方法
スポンサーリンク

SDGsとは?

 最近、日経新聞や書店にてSDGsという言葉をよく見かけると思います。SDGsというのは、Sustainable Development of Goals の略語で日本語で持続可能な開発目標といいます。
 2015年の9月の国連サミットで採択されたもので、国連の加盟国193ヵ国が2030年までに達成するために掲げた目標です。

スポンサーリンク

SDGsの何がすごい?

 SDGsの前身であるミレミアム開発目標(MDGs)は対象が途上国であったたため(最も効果があったのは発展途上国の貧困、飢餓の撲滅)、先進国にとってメリットがありませんでした。
 それに対して、SDGsでは先進国も対象にしています。例えばジェンダー平等の実現働きがいと経済成長住み続けられる街づくりといった目標です。つまり、SDGsの目標を達成することによって先進国の国民もより幸せになることができるということです。
 加えて、環境問題の解決=経済成長の停滞が今までの考え方でした。それに対して、SDGsでは環境問題の解決と経済成長の両立を目標にしています。これが本当にすごいことで、経済成長と同時に環境問題を解決に導けるような活動をしていかなければならなくなったわけです。非常にレベルの高いことが要求されています。世界もここまでの領域に来たんだなと感動しますね。

スポンサーリンク

SDGsの具体的な目標17

スポンサーリンク

これからはSDGsを軸として投資していくのがトレンド

  1. SDGsに反する企業は今後低迷し始める
    例えばタバコや石油の企業。タバコは基本的には健康を害すものですし、石油は地球温暖化に直結します。JTやENEOSは企業規模が大きいので潤沢なお金を使ってSDGsに沿った企業活動を熱心に行っているとはいえ、企業活動の根幹がSDGsに反してしまうというのはマイナス評価です。
     また、働きがいという点ではどんなに大きな企業でもブラック企業であればSDGsに反しています。過労死問題が顕在化している電通であったり三菱電機などが筆頭ですね。
  2. SDGsに沿っていれば今後評価されてくる企業が出てくる
    どんなに大企業であってもSDGsに反する企業活動をしていればいずれ会社としての評価は落ちてくると書きました。逆にいえば、小さな企業であったり、利益率が劣っている会社であってもSDGsに当てはめたときに非常に魅力的な会社であれば今後伸びていく可能性があるわけです。例えば最近ペーパーレスで落ち目の製紙会社。紙は木でできていますが、しっかりと管理されている森林を計画的に伐採し、紙の原料としています。さらに紙は溶かせばまた紙として再利用できる、非常にエコなものだといえます。売り上げは今後落ちていくことは間違い無いですが、「紙」という物自体はしっかりと評価され、利益率が上昇してくると考えられます。他にも、SDGsに当てはめれば魅力的な会社が見つかってくるはずです。
スポンサーリンク

はまぶの保有株も見直さなければ

私の保有株の中にもSDGsに反した企業があるのです。JTとENEOS。配当利回りが非常に魅力的なため購入したものの、あまり買い増ししない方がいいかもしれないと考え始めています。良くても株価現状維持かもしれませんね。成長するという目線で考えて、今後は企業活動や企業理念をしっかりと確認していきながら銘柄選択をしなければならないと感じました。
まだまだSDGsについて理解できていないので、勉強しなければなりません。

参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
投資方法
はまぶをフォローする
20代から始めるはまぶの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました