自分の投資方法について

投資方法
スポンサーリンク

初めての株式投資での失敗

高校生の頃に、ウォーレンバフェットのスノーボールという本を読み、そこから株式投資に興味を持ちました。

シケモクのような誰も購入しないような株を購入し、大きく化けるまで保有しておくという投資方法が良いと思っていました。

ただ、その投資方法をした結果、50万円分の株が紙切れ同然になってしまったという過去があります。赤字を垂れ流している企業で、これから黒字化になるという非常にお得に見えた会社でしたが2年経っても黒字化せず、倒産寸前というところで売却しました。

親からお金を借りてなんとか大学を卒業できましたが、本当に辛かったです。入社1年目のボーナス全てを借金返済に使いました

こんな過去があるので、投資方法を変えました。大きな損失リスクを避けるため、私が株を購入する条件は3つあります。

スポンサーリンク

株を購入するときの3ヶ条

①黒字を毎年安定して出している会社であること

赤字を出しているが実はこれから急成長を遂げる会社を見つけるのは非常に難しく、リスクがあります。毎年黒字を出している会社であれば今後も成長していくと考えられますし、倒産するリスクも非常に低いと考えます。そのため、黒字を安定して出している会社を選びます。

②PBRが高すぎない会社を選ぶ

ウォーレンバフェットの投資方法はしっかりと受け継いでいます笑 PBR1.0は株価と会社の純資産がほとんど一致しているということです。1.0を大きく割っていればリスクが高いですし、逆に大きく上回っていればお得感は少ないわけです。ということで、なるべくPBRが1.0前後の価格で購入するようにしています。

③配当金が毎年維持されているか、増配している企業であること

以前はたとえ無配当でも成長性の大きい株を購入していましたが、最近は配当金に重きを置くようになってきました。増配株であれば、長期で保有すればするほど配当利回りが上昇してきますし、株価が下がっても配当金が下がらない限りは自分の収入は変わることがありません。下落が気にならないので、精神衛生上良いです。また、連続増配をできているということは安定して利益を生んでいるという会社であることの裏返しですので長期保有するという点で向いていると思います。

この条件で買うと、保有株のポートフォリオはありきたりな大企業ばかりで非常に地味になります。すぐに億万長者になりたいというわけではないので個人的にはこの投資法が一番合っています。しっかりと仕事をしながらとなると株の値上がりや値下がりで一喜一憂はしたくないのです。

若いのにリスクを避けるなんて面白くないなぁと思う方がいるかもしれません。私としては、若いからこそ低い利回りでも億万長者まで確実に近づくことができると考えています。なるべくリスクを負いたくない方にとっては私の投資方法は参考になるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました