今後来るか? 宇宙株投資

米国株式
スポンサーリンク

宇宙開発の歴史

宇宙開発の歴史は第二次世界大戦後の米ソの冷戦に遡ります。
アメリカとソ連(現在のロシア)が1955年からお互いに人工衛星を宇宙に打ち上げ、宇宙開発競争が開始されました。
1958年にはNASAが設立され、さらに宇宙開発競争が激化します。最終的には多くの人が知っているであろうアポロ計画にて1969年7月20日にアポロ11号が世界初の有人月面着陸に成功します。
宇宙開発というのは莫大な資金が必要であり、国家プロジェクトでないとできないという状況でした。さらにいえば小国では不可能であり、アメリカやロシア、イギリス、フランス、日本のような潤沢な国家予算を持った大きな国でないとできません。

世界初、有人月面着陸 by NASA
スポンサーリンク

最近の宇宙開発はこう変わった

今までは国家プロジェクトとして進められてきた宇宙開発ですが、現在は民間企業でも行われるようになってきました
身近なのは堀江貴文氏が創業したインターステラテクノロジズですね。小型で低価格のロケットを提供し、宇宙をもっと身近に、気軽にというのを目標として会社運営をしています。

民間企業が宇宙開発に参入することにより、どうなっていくか。
それはコストが急激に引き下げられているということを意味します。
私は製造業に勤務しているので、民間企業のコスト意識の高さというのはよくわかります。
リスクを徹底的に排除した上で、いかに安く作るか、民間企業はこういったコスト削減が非常に得意なのです。

スポンサーリンク

宇宙開発がどう利益になるのか?

宇宙開発というと、ロケットや人工衛星を飛ばすことがメインですが、これがどう利益になるのか。
①宇宙旅行
ロケットを大気圏の外側まで飛ばし、宇宙からの地球を自分の目で見る。または月面着陸というのも今後あるかもしれません。現在ですと、25万ドル(2600万円)程度で宇宙旅行に行けるようです。(クラブツーリズムが募集しており、2021年以降に運行予定とのこと)
②人工衛星
軍事目的でいえば、軍事衛星があげられます。
実はこれが最も多く打ち上げられた人工衛星で、衛星攻撃兵器(敵国の人工衛星を攻撃)や
偵察衛星があります。偵察衛星というのはスパイ衛星とも言われ、敵国がどのような動きをしているか、宇宙から監視するということです。カメラの画質が良ければ良いほど、敵国がどのようなことをしているか鮮明に監視できます。さらに、大量にあればあるほど24時間どんな場所でも監視可能となります。
次に通信衛星。地上の放送局から発信された電波を各家庭のアンテナまで中継する衛星になります。衛星放送とかはこの通信衛星から成り立ってます。
最後に小型衛星
これが最近熱い分野です。民間企業が熱心に開発競争を繰り広げています。
市場規模はなんと現在で2.7兆円、今後はさらにさらに拡大していくと考えられます。
小型衛星の使い道は、例えば通信衛星。
自動車の自動運転を実現するために通信衛星を自社で保有していれば開発はやりやすいですし、
コスト削減にもつながります。
こういった形で自社で人工衛星を保有することにより、開発がやりやすくなったり、コストが抑えられたりとメリットがあります。

人工衛星 by NASA
スポンサーリンク

今後の宇宙開発企業を紹介

最後に、上場していて宇宙開発をしている企業を紹介していきます
三菱重工業、川崎重工業、IHI、NEC、東芝、三菱電機
この企業は全て自社で宇宙開発をしている企業です。知る人ぞ知る大企業で、今後の宇宙開発をリードしていくであろう会社です。

次に米国企業
ノースロップグラマン、ロッキードマーチン
ノースロップグラマンは世界初の月面着陸をした際の月着陸船を制作した会社として知られている会社です。宇宙開発の技術力は世界でも一位二位を争うほどです。

次にロッキードマーチン
この企業は軍事企業であり、宇宙部門では全売上高の18%(約118億ドル、日本円で1兆2千億円)を占めています。こちらもノースロップグラマンに匹敵するほどの技術力を保有しています。

スポンサーリンク

今月はノースロップグラマンとロッキードマーチンを購入



こちらの記事で私の投資方法を紹介しています。毎月5万円ずつ米国株に投資していますが、今月は宇宙関連株2企業(ノースロップグラマンとロッキードマーチンを購入しました。)
配当利回りはどちらも2%~3%程度、増配率はなんと年間10%ということで、かなり期待しています。(投資するつもりの10企業には入っていないですが。。。)

私の投資セオリーである高配当企業ではないものの、今後の成長を期待して買い続けていこうと思います

参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
米国株式
はまぶをフォローする
20代から始めるはまぶの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました