セブン銀行決算

株式決算
スポンサーリンク

連結・単体ともに経常利益は減収減益

コロナ影響により、経常利益は減収減益となっています。

理由として、

  • 緊急事態宣言に伴うATM利用件数の減少(手数料による収益減)
  •  →手数料は収益(一般企業でいう売上)の90%を占めているので大打撃といえる

これに尽きます。

第3四半期の内容ですが、大まかに説明すると

  • 経常収益・・・1040億円(対前年比△83億円)
  • 経常利益・・・287億円(対前年比△28億円)
  • 純利益 ・・・213億円(対前年比+6億円)

コロナウイルスにより緊急事態宣言が発令され、ATMの利用頻度が前年の90-95%にまで落ち込みました。セブン銀行の収益源の大部分が手数料収入のため、大打撃を受けた形になります。

ただし、緊急事態解除後はATM利用頻度は回復基調にありますので収益は改善傾向です。

スポンサーリンク

ポジティブなニュースも

  • 口座数と預金残高は右肩上がり3ヶ月で 3−5万件ずつ口座数は上昇している
  • 個人向けローン、海外送金サービス、デビットサービスも右肩上がり
  • ATM件数も右肩上がり

こういったこともあり、経常収益は今後も成長していくと考えられます。海外にも力を入れていくとのことでしたが、むやみやたらに増やすのではなく、経営状況を鑑みながら増やしていくのがいいかもしれません。
日本人に人気の観光場所にセブン銀行があれば、お金の面で不安なく旅行できると思います。
海外の銀行で取引するのってなんとなく不安ですからね。

三井住友フィナンシャルグループと同じように、コロナ禍においても黒字を確保できているというのは素晴らしいことですね。
今後も着実に売り上げは伸ばしていくと思いますし、配当金も維持される予定です。配当性向も50%前後と少し厳しいものの、まだ増配の余地はあると思います。
来年度の予想に期待しましょう。というか、コロナウイルスがそろそろ集結してほしいですね。。。

参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
株式決算
はまぶをフォローする
20代から始めるはまぶの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました