なぜ日経平均は上昇した?

株式ニュース
スポンサーリンク

ついに日経平均は3万円を超えた

コロナ禍にもかかわらず、日経平均は上がり続け、なんと3万円の大台を突破しました。
なぜここまで上昇してきたか、3つの理由で説明します。

スポンサーリンク

日経平均が上昇した3つの理由

  1. コロナ終息を見据えた株価となっていること
  2. 余剰資金が株式市場に流れていること
  3. 単純な株式投資ブーム

私はこの3つが日経平均の上昇を後押ししているのではないかと考えています。

1つ目 コロナ終息を見据えた株価となっていること

株式市場 = 未来を評価した金額
コロナウイルスが流行し始めた時に株価が大暴落したのは、コロナが今後大流行し、経済が低迷するだろうという評価が株式市場に反映されたからです。
逆に言えば、現在の相場というのは近いうちにコロナウイルスが終息するだろうという評価が反映されているのだと思います。現在のコロナウイルス感染者は減少の一途を辿っており、このままいけば終息しそうな雰囲気です。
ただし、もし感染者数の減少が鈍化し、終息が難しいと市場が判断すれば、日経平均は暴落することでしょう。

2つ目 余剰資金が株式市場に流れていること

コロナウイルスにより、外出の制限や自粛がなされています。富裕層の人たちにとっては海外旅行や国内旅行を楽しむことができなくなるわけですから、その分お金の使い道がなくなります。富裕層はお金の使い方を心得ている方ばかりですから、貯金のまま放っておくのではなく株式投資に使おうという思考になるのは当然だと思います。
その結果、富裕層の潤沢な資金が株式市場に流れ、意味もなく上昇していると考えられます。

3つ目 単純な株式投資ブーム

最後に3つ目です。コロナ禍により、ボーナスが減少したり、給料が減ったりした人が多くいました。その時に、不動産投資や株式投資による副収入を得ることが注目されました。
これにより、私も含めた素人投資家がかなり増えました。そのため、富裕層以外の資金も株式市場に資金が流入し、意味もなく上昇しているのではないかと考えます。

スポンサーリンク

まとめ

以上の3つの理由から、現在の日経平均は上昇しているのだと考察しました。現在の株価と企業の業績は一致していないと思いますので、いずれ調整の時期が来るだろうと思います。

スポンサーリンク

いずれ大暴落するだろうというスタンスで投資

投資の格言に、「山高ければ谷深し」というものがあります。
現在の株価こそ、山高ければに合致すると思いますので、今後は谷深し、つまり暴落が予想されます。
暴落の時に大事なのは損切りのタイミングと言われていますが、私はプロの投資家ではないので損切りなんてレベルの高いことはできません。そのため、暴落しても保有し続けます

私にできることは、暴落しても株を購入し続けること。これのみです。以前本で読んだのですが、株式投資で金持ちになれない人は大暴落した時に株を売り、株式投資が嫌になってやめてしまう人なのだそうです。金持ちになりたければ、どんな相場でもただひたすらに株を購入し続けることですね。

いずれ大暴落は来るでしょう。その時に狼狽売りしてしまわないよう、今のうちに現金を貯めておこうと思います

参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
株式ニュース
はまぶをフォローする
20代から始めるはまぶの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました