JR九州の株主優待の魅力

日本株
スポンサーリンク

今年の優待内容とは?

2021年度のJR九州の株主優待券が届きましたので、内容を紹介します。

  1. 鉄道株主優待券
  2. JRグループ株主優待券
  3. JR九州高速線株主優待割引券

1.鉄道株主優待券

100株ごとに1枚支給されます。一枚につき、1人片道の運賃及び料金が5割引となります。有効期間は2021年6月1日〜2022年5月31日の1年間となります。
割引対象は片道乗車券、特急券、グリーン券(個室を除く)、指定席券となります。※ななつ星、或る列車は旅行商品なので利用不可
博多→鹿児島中央をグリーン車で行く場合、13,260円となります。これが半額になるので、6,630円の割引となります。所要時間は1時間30分弱となりますが、グリーン車で優雅な旅を6,630円で楽しめるのはお得です。

2.JRグループ株主優待券

JR九州グループの各施設で利用可能な500円券を5枚使用可能です。1回の会計につき複数枚利用可能なため、2500円分お得に利用可能です。
駅ビルで利用可能なので、日用品やファッション、本など普通の買い物に使えます。購入できるものにあまり限定がないのが非常に良い点だと思います。他の会社の株主優待によっては、ホテル系の優待券だと宿泊にしか使えない、グルメ券なら指定のレストランでしか使えないなど使える場所が限定されることが多いです。観光する人はお土産を駅ビルで購入するのが良いかもしれませんね。

3.JR九州高速船株主優待割引券

福岡〜釜山を3時間40分で結ぶ客船「QUEEN BEETLE」を往復1万円で利用可能です。ちなみにビジネスクラスであれば+5000円で利用可能です。

スタンダード席 これだけでも十分豪華です。
ビジネスクラスならさらに豪華。3時間40分の船旅をさらに充実したものにできます。

現在はコロナウイルスの影響で運行中止となっていますが、往復1万円で韓国に行けるというのは非常に魅力的ですね。
ちなみに正規料金は往復3万2千円ですので2万2千円節約になります。

スポンサーリンク

まとめ

九州に行ったことのない私にとって、九州観光を後押しさせてくれる素晴らしい株主優待の内容となっていました。なんといっても乗車券を半額にしてくれるというのが太っ腹ですよね。JR東日本であれば40%引き、JR東海であれば10%引きですから、どれだけ太っ腹なのかわかると思います。加えて、2500円分の商品券に近い優待券はさらに魅力です。

コロナウイルスが収まってくれれば、九州旅行に行こうと思います。もちろん、株主優待を全力で使います。(釜山はさすがに行けないですが。)

私は株主優待を目的に投資を行っていないものの、JR九州の株主優待をもらってみると株主優待を目的とした投資も悪くないなと思った次第です。

参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
参考になった方はぜひクリックを! ブログ投稿のモチベーションになります!
日本株
はまぶをフォローする
20代から始めるはまぶの投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました